英語の1月から12月までの月の名前と発音と具体的な由来のまとめ

前回の記事では、英語ドイツ語フランス語といった現代のヨーロッパ各国の言語における1月から12月までの一年における各月の月の名前大本の由来となったラテン語における月の名前と発音とその語源となる意味などについて詳しく考えてきましたが、

今回の記事では、それに引き続いて、

そうしたラテン語における月の名前が由来となった英語における1月から12月まで月の名前と発音と由来について改めてまとめていく形で順番に書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

英語の1月から12月までの月の名前と発音のまとめ

そうすると、まず、

英語における1月から12までの月の名前発音のあり方の目安となるカタカナ表記についてまとめると、

1January(ジャニュアリー)
2February(フェブラリー)
3March(マーチ)
4April(エイプリル)
5May(メイ)
6June(ジューン)
7July(ジュライ)
8August(オーガスト)
9September(セプテンバー)
10October(オクトーバー)
11November(ノーベンバー)
12December(ディッセンバー)

とそれぞれ表記されることになると考えられることになります。

スポンサーリンク

英語における1月から12月までの月の名前の具体的な由来とは?

それでは、次に、

こうした英語の1月から12月まで月の名前には、それぞれ具体的にどのような由来があるのか?ということについてですが、

基本的には、こうした英語における各月の名称は、すべて前回の記事で取り上げたラテン語における月の名前にその直接的な由来を求めることができると考えられることになります。

具体的には、

1にあたるJanuary(ジャニュアリー)は、ローマ神話における門の守護神ヤヌスの名を語源とするラテン語におけるJanuarius(ヤヌアリウス)の月に由来する名称、

2にあたるFebruary(フェブラリー)は、ローマ神話における浄化の神フェブルウスの名を語源とするラテン語におけるFebruarius(フェブルアリウス)の月に由来する名称、

3にあたるMarch(マーチ)は、ローマ神話における軍神マルスの名を語源とするラテン語におけるMartius(マルティウス)の月に由来する名称、

4にあたるApril(エイプリル)は、ギリシア神話における愛と美の女神アフロディテの名を語源とするラテン語におけるAprilis(アプリリス)の月に由来する名称、

5にあたるMay(メイ)は、ローマ神話における豊穣の女神マイアの名を語源とするラテン語におけるMaius(マイウス)の月に由来する名称、

6にあたるJune(ジューン)は、ローマ神話における主神ユピテルの妻ユーノーの名を語源とするラテン語におけるJunius(ユーニウス)の月に由来する名称、

7にあたるJuly(ジュライ)は、古代ローマの偉大なる将軍であったユリウス・カエサルの名を語源とするラテン語におけるJulius(ユーリウス)の月に由来する名称、

8にあたるAugust(オーガスト)は、ローマ帝国の初代皇帝となったオクタウィアヌスの尊称にあたるアウグストゥスの名を語源とするラテン語におけるAugustus(アウグストゥス)の月に由来する名称、

9にあたるSeptember(セプテンバー)は、ラテン語において本来は「第7の月のことを意味する言葉であったSeptember(セプテンベル)の月に由来する名称、

10にあたるOctober(オクトーバー)は、ラテン語において本来は「第8の月のことを意味する言葉であったOctober(オクトーベル)の月に由来する名称、

11にあたるNovember(ノーベンバー)は、ラテン語において本来は「第9の月のことを意味する言葉であったNovember(ノウェンベル)の月に由来する名称、

12にあたるDecember(ディッセンバー)は、ラテン語において本来は「第10の月のことを意味する言葉であったDecember(デケンベル)の月に由来する名称

としてそれぞれ位置づけられることになると考えられることになります。

ちなみに、詳しくは前回の記事で書いたように、

このうち9月から12月まで月の名前について、ラテン語の月の名称に用いられている言葉自体が意味する本来の月の順番と、英語における実際の月の順番との間に2か月分のズレが生じてしまっている理由としては、

もともと、ラテン語が用いられていた古代ローマの暦においては、現代の暦における最初の月である1月から2か月遅れて、現在の3にあたる月から一年がはじまっていたため、こうしたズレが生じてしまったと考えられることになります。

そして、以上のように、

こうした英語における月の名前においては、

すべてラテン語の月の名前に由来する名称が用いられていると考えられることになるのですが、

特に、後半の9月から12月まで月の名前については、英語とラテン語における発音の違いこそはあるものの、

英語の9にあたるSeptember(セプテンベル)は、ラテン語でもSeptember(セプテンベル)

英語の10にあたるOctober(オクトーバー)は、ラテン語でもOctober(オクトーベル)

英語の11にあたるNovember(ノーベンバー)は、ラテン語でもNovember(ノウェンベル)

英語の12にあたるDecember(ディッセンバー)は、ラテン語でもDecember(デケンベル)

となるように、

英語とラテン語の両方においてまったく同じアルファベット表記がそのまま用いられていると考えられることになるのです。

・・・

「ヨーロッパの言語における12の月の名前と発音と由来」シリーズ記事の一覧

①ラテン語の1月から12月までの月の名前と発音と由来
②英語の1月から12月までの月の名前と発音と由来
③ドイツ語の1月から12月までの月の名前と発音と由来
④フランス語の1月から12月までの月の名前と発音と由来
⑤イタリア語の1月から12月までの月の名前と発音と由来
⑥スペイン語とポルトガル語の1月から12月までの月の名前と発音と由来
⑦オランダ語の1月から12月までの月の名前と発音と由来
⑧デンマーク語の1月から12月までの月の名前と発音と由来
⑨ギリシア語の1月から12月までの月の名前と発音と由来
⑩英語で1月から12月の月の名前は何ていうの?ドイツ語やフランス語では?ヨーロッパを代表する三つの言語の類似性の比較
⑪ヨーロッパを代表する十の言語の月の名前のまとめと比較、ゲルマン語派とロマンス語派とギリシア語とラテン語の表記の違い

・・・

次回記事: ドイツ語の1月から12月までの月の名前と発音と具体的な由来のまとめ

前回記事:ラテン語の1月から12月までの月の名前と発音と具体的な由来のまとめ

英語のカテゴリーへ

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ