旧約聖書の「創世記」における三人の人物の姿をした一なる神の存在とアブラハムと主なる神との対話、三位一体とは何か?②

三位一体とは何か?新約聖書における父と子と聖霊の一体性についての記述と祈りの言葉の内に示される三者の一体性の信仰

質量と質料の違いとは?ニュートン力学とアリストテレス哲学における両者の定義と「エネルギー」と「形相」との関係

アリストテレス哲学における男女観とは?形相としての男性原理と質料としての女性原理の位置づけ

形相因の質料因に対する優越性、数的な意味と存在論的な意味における両者の差異と天地創造の光としての形相と闇としての質料

四原因説のなかで最も根源的な原因とは何か?形相因としての不動の動者の存在と形相因・起動因・目的因の一体性

唯心論としてのアリストテレス哲学の解釈、不死なる魂と不動の動者としての神の存在を肯定する精神的な実体の存在の探求

唯物論としてのアリストテレス哲学の解釈、『魂について』(デ・アニマ)における生命原理としての魂の定義と身体との関係性

能動知性と受動知性の違いとは?アリストテレスの認識論における両者の位置づけと不動の動者としての神の存在との関係

アリストテレス哲学における能動性と受動性の捉え方、形相と質料および現実態と可能態における能動と受動の関係

アリストテレスの哲学における純粋形相および純粋現実態としての不動の動者

アリストテレスにおける魂と身体の関係とエネルゲイア(現実態)

現実態と可能態の違いとは?アリストテレス哲学における質料と形相との関係性と両者の概念の多義性

実体は形相と質料のどちらの内に求められるのか?アリストテレスの『形而上学』における新たな実体の定義、実体とは?③

形相とは何か?プラトンとアリストテレスの哲学におけるエイドスの概念の捉え方の違い

質料とは何か?古代ギリシア哲学におけるタレスからアナクシマンドロスのト・アペイロンへと至る質料の原型となる概念の展開

四原因説とは何か?アリストテレス哲学における人工物と自然界における生命現象の生成変化のあり方を説明する四つの説明方式

形相と質料の違いとは?アリストテレスの『自然学』における形相(エイドス)と質料(ヒュレー)の定義

第一実体と第二実体の違いとは?アリストテレスの『カテゴリー論』における二種類の実体の定義、実体とは何か?②

実体とは何か?①古代ギリシア哲学におけるウーシア(実体)の具体的な意味

サブコンテンツ

このページの先頭へ