オランダ語の1月から12月までの月の名前と発音と具体的な由来のまとめ

前回までの一連の記事では、英語ドイツ語フランス語イタリア語そしてスペイン語ポルトガル語といった

現在の西ヨーロッパで使われている主要な言語における月の名前と発音とその語源となる意味について順番に詳しく書いてきましたが、

今回の記事では、それに続いて、

ヨーロッパ諸国の様々な言語のなかでも英語ドイツ語デンマーク語といった言語と共にゲルマン語派代表的な言語のうちの一つとして位置づけられることになる

オランダ語における1月から12月まで月の名前と発音とそれぞれの名称の具体的な由来について順番に書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

オランダ語の1月から12月までの月の名前と発音のまとめ

そうすると、まず、

オランダ語における1月から12までの月の名前発音のあり方の目安となるカタカナ表記についてまとめると、

1januariヤニュアーリ)
2februariフェーブルワーリ)
3maartマールト)
4aprilアプリル)
5meiマイ)
6juniユニ)
7juliユリ)
8augustusアウフステュス)
9septemberセプテンバ)
10oktober(オクトーバ)
11novemberノーベンバ)
12decemberデイセンバ)

とそれぞれ表記されることになると考えられることになります。

スポンサーリンク

オランダ語の1月から12月までの月の名前と発音のまとめ

それでは、次に、

こうしたオランダ語の1月から12月まで月の名前には、それぞれ具体的にどのような由来があるのか?ということについてですが、

基本的には、こうしたオランダ語における各月の名称は、今までの記事で取り上げてきた英語ドイツ語といったその他の西ヨーロッパ諸国の言語における各月の名称の由来と同様に、

そうしたヨーロッパにおける現在の言語大本の起源ともなっている古代ローマの言語であるラテン語にその直接的な由来を求めていくことができると考えられることになります。

具体的には、

1にあたるjanuariヤニュアーリ)は、ローマ神話における門の守護神ヤヌスの名を語源とするラテン語におけるJanuarius(ヤヌアリウス)の月に由来する名称、

2にあたるfebruariフェーブルワーリ)は、ローマ神話における浄化の神フェブルウスの名を語源とするラテン語におけるFebruarius(フェブルアリウス)の月に由来する名称、

3にあたるmaartマールト)は、ローマ神話における軍神マルスの名を語源とするラテン語におけるMartius(マルティウス)の月に由来する名称、

4にあたるaprilアプリル)は、ギリシア神話における愛と美の女神アフロディテの名を語源とするラテン語におけるAprilis(アプリリス)の月に由来する名称、

5にあたるmeiマイ)は、ローマ神話における豊穣の女神マイアの名を語源とするラテン語におけるMaius(マイウス)の月に由来する名称、

6にあたるjuniユニ)は、ローマ神話における主神ユピテルの妻ユーノーの名を語源とするラテン語におけるJunius(ユーニウス)の月に由来する名称、

7にあたるjuliユリ)は、古代ローマの偉大なる将軍であったユリウス・カエサルの名を語源とするラテン語におけるJulius(ユーリウス)の月に由来する名称、

8にあたるaugustusアウフステュス)は、ローマ帝国の初代皇帝となったオクタウィアヌスの尊称にあたるアウグストゥスの名を語源とするラテン語におけるAugustus(アウグストゥス)の月に由来する名称、

9にあたるseptemberセプテンバ)は、ラテン語において本来は「第7の月のことを意味する言葉であったSeptember(セプテンベル)の月に由来する名称、

10にあたるoktober(オクトーバ)は、ラテン語において本来は「第8の月のことを意味する言葉であったOctober(オクトーベル)の月に由来する名称、

11にあたるnovember(ノヴェンバ)は、ラテン語において本来は「第9の月のことを意味する言葉であったNovember(ノウェンベル)の月に由来する名称、

12にあたるdecemberデイセンバ)は、ラテン語において本来は「第10の月のことを意味する言葉であったDecember(デケンベル)の月に由来する名称

としてそれぞれ位置づけられることになると考えられることになります。

そして、

このうち9月から12月まで月の名前について、ラテン語の月の名称に用いられている言葉自体が意味する本来の月の順番と、オランダ語における実際の月の順番との間に2か月分のズレが生じてしまっている理由としては、

もともと、ラテン語が用いられていた古代ローマの暦においては、現代の暦における最初の月である1月から2か月遅れた現在の3にあたる月から一年月はじまっていたため、こうしたズレが生じてしまうことになったと考えられることになるのです。

英語とドイツ語の中間に位置する言語としてのオランダ語の位置づけ

そして、冒頭でも述べたように、

こうしたオランダ語と呼ばれる言語は、西ヨーロッパの言語の中でも、英語ドイツ語などと同じゲルマン語派と呼ばれる言語のグループに位置づけられることになるのですが、

そういった意味では、オランダ語における月の名前の表記のあり方と、英語ドイツ語といったその他のゲルマン語派の言語における月の名前の表記のあり方には、互いに多くの共通点を見いだしていくことができると考えられることになります。

具体的には、

オランダ語における月の表記のあり方と英語における月の表記のあり方を比べてみた場合、

オランダ語4にあたるapril(アプリル)は、英語でもApril(エイプリル)

オランダ語9にあたるseptemberセプテンバ)は、英語でもSeptember(セプテンバー)

オランダ語11にあたるnovember(ノヴェンバ)は、英語でもNovember(ノーヴェンバー)

オランダ語12にあたるdecemberデイセンバ)は、英語でもDecember(ディッセンバー)

と表記されることになるように、

英語オランダ語における月の名前の表記のあり方には、四つの月の名前において、まったく同じアルファベット表記が用いられていると考えられることになります。

そして、それに対して、

今度は、ドイツ語における月の名前の表記のあり方と比べてみた場合、

オランダ語4にあたるapril(アプリル)は、ドイツ語でもApril(アプリル)

オランダ語6にあたるjuniユニ)は、ドイツ語でもJuni(ユーニ)

オランダ語7にあたるjuliユリ)は、ドイツ語でもJuli(ユーリ)

オランダ語9にあたるseptemberセプテンバ)は、ドイツ語でもSeptember(ゼプテンバー)

オランダ語10にあたるoktober(オクトーバ)は、ドイツ語でもOktober(オクトーバー)

オランダ語11にあたるnovember(ノヴェンバ)は、ドイツ語でもNovember(ノヴェンバー)

と表記されることになるように、

ドイツ語オランダ語における月の名前の表記のあり方には、六つの月の名前において、まったく同じアルファベット表記が用いられていると考えられることになります。

つまり、そういった意味では、

こうしたオランダ語における月の名前の表記のあり方は、同じゲルマン語派の言語にあたる英語ドイツ語における表記のあり方ちょうど中間からややドイツ語寄りに位置するようなアルファベット表記のあり方となっているとも捉えることができると考えられることになります。

しかし、その一方で、

こうしたオランダ語における月の名前の表記のあり方について、英語やドイツ語といった他のゲルマン語派の言語との間に相違点を見いだしていくこともできないわけではなく、

オランダ語における月の名前の表記おいては、英語やドイツ語のように語頭が大文字となるのではなく、語頭が小文字のままの形で表記されることになるといった点などにおいては、

ドイツ語や英語にける表記のあり方との具体的な特徴の違いを見いだしていくこともできると考えられることになるのです。

・・・

次回記事:デンマーク語の1月から12月までの月の名前と発音と具体的な由来のまとめ

前回記事:スペイン語とポルトガル語の1月から12月までの月の名前と発音と具体的な由来のまとめ

英語・ドイツ語・外国語のカテゴリーへ

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ