風の谷のナウシカとギリシア神話の王女ナウシカの関係とは?①『オデュッセイア』におけるパイアキアの王女ナウシカの記述

風の谷のナウシカと粘菌との関係とは?②「個にして全、全にして個」という生命の本質を体現する粘菌という生命体の構造

風の谷のナウシカと粘菌との関係とは?①土鬼軍の生物兵器として開発された粘菌の変異体についての漫画版における具体的記述

聖徳太子と諸葛孔明の天下三分の計の関係とは?常識的な国家観を打ち破る柔軟な発想としての両者の思想の共通点

聖徳太子が対等外交の礎を築いた人物とされる理由とは?「日出づる処の天子」に秘められた飛鳥時代の日本の遠大なる野望

当時の日本が中国側の心証を害してでも「日出づる処の天子」という文言を国書のなかに記した具体的な理由とは?

「日出づる処の天子」という言葉は日本と中国の対等外交の樹立を表すのか?君主の間の対等関係と国同士の間の対等外交の違い

隋の煬帝が遣隋使を追い返さずに裴世清を使者として遣わした理由とは?当時の東アジアにおける国際情勢と高句麗大遠征

隋の煬帝は「日出づる処の天子」という言葉になぜ怒ったのか?辺境の小国の王が中国の皇帝と同じ天子を僭称することの問題

「日出づる処の天子」とは誰か?②用明天皇から推古天皇と聖徳太子へと続く朝廷における崇仏派の系譜と三者一体の解釈

「日出づる処の天子」とは誰か?①候補となる四人の人物の名前とは?『隋書』における倭王多利思比孤の記述との関係性

「日出づる」と「日出ずる」はどちらが正しい表記なのか?『隋書』東夷伝倭国条における「日出づる処の天子」の記述

「出づる」と「出ずる」はどちらが正しい表記なのか?「出雲」や「日出ずる国」といった言葉における読み仮名と送り仮名

「愛づ」と「愛ず」ではどちらが正しい表記なのか?口語形と文語形、現代仮名遣いと歴史的仮名遣いにおける表記の違い

『風の谷のナウシカ』と「虫愛ずる姫君」の共通点とは?②腐海の森の植物学者としての風の谷の姫君の生物学的探究

『風の谷のナウシカ』と「虫愛ずる姫君」の共通点とは?①漫画版のあとがきにおけるナウシカと虫愛ずる姫君の関係性の記述

王蟲の血が青い本当の理由とは?旧世界の軛から王蟲を解放し、青き清浄の世界を蟲たちへと明け渡す解放者としてナウシカの姿

なぜ王蟲の眼と血は青い色をしているのか?人々を青き清浄の地へと導く浄化と平和の使者としての王蟲の存在

「塞翁が馬」の二つの意味とは?哲学的な意味における解釈と荘子の万物斉同と逍遥遊の思想との関係

「人間万事塞翁が馬」は「にんげん」と「じんかん」のどちらの読み方が正しいのか?呉音と漢音における意味と発音の違い

サブコンテンツ

このページの先頭へ