「悪法もまた法なり」とソクラテスは言ったのか?『クリトン』における国家と国法との寓話的な対話

「何も無い、何も知り得ない、何も伝えられずにすべてが再び無へと帰する」ゴルギアスの箴言③、究極の相対主義が行き着く虚無主義(ニヒリズム)への道

「何も存在しない。知ることも、伝えることもできはしない。」ゴルギアスの箴言②、絶対的真理を否定する三段階の論証

「何も存在しない。知ることも、伝えることもできはしない。」ゴルギアスの箴言①、パルメニデス哲学の存在論と真理観の否定

世界は人間精神と言葉の力によって成り立っている?「人間は万物の尺度である」プロタゴラスの箴言②

価値観の存在と非存在の根源的基準としての人間、「人間は万物の尺度である」プロタゴラスの箴言①

「あらゆるものの内にあらゆるものの部分が含まれている」アナクサゴラスの箴言と生命観と宇宙観

「聞く前にも、聞いた後にも、理解することがない」ヘラクレイトスの箴言と真理観

「上り道と下り道は同じ」ヘラクレイトスの箴言、真理への下り道

「人間は深淵の上にかかる一本の綱」ニーチェの箴言、没落としての超人への道

「博識は覚知を授けず」ヘラクレイトスの箴言と博識の弊害

サブコンテンツ

このページの先頭へ