花粉の大きさはどのくらいなのか?スギやヒノキなどの花粉症の原因となる代表的な20種類の花粉の大きさの比較

花粉症の原因となる樹木や草花としては、スギヒノキイネブタクサなどといった様々な植物の種類の名が挙げられることになりますが、

こうした花粉症の原因となる様々な植物の花粉の粒子の大きさは、だいたいどのくらいの大きさをしていると考えられることになるのでしょうか?

今回の記事では、代表的な20種類の花粉大きさを比較していくことを通じて、そうした花粉症の原因となる一般的な花粉の大きさがだいたいどのくらいの範囲に位置づけられることになるのか?ということについて詳しく考えていきたいと思います。

スギやヒノキなどの木本植物における花粉の大きさの比較

20200416① 花粉の大きさはどのくらいなのか?花粉症の原因となる代表的な20種類の花粉の大きさの比較

そうすると、まず、

花粉症の原因となる代表的な植物の種類としては、スギ(杉)ヒノキ(檜)という二種類の樹木の名が挙げられることになりますが、こうした花粉症の原因となる代表的な二種類の樹木における花粉の大きさは、

スギ花粉の大きさはだいたい3040マイクロメートル※くらいであるのに対して、ヒノキの花粉の大きさはスギ花粉より一回り小さい2535マイクロメートルくらいであると考えられることになります。

1マイクロメートル(1㎛)=100万分の1メートル=0.001ミリメートル

そして、その他にも、

こうした花粉症の原因となる花粉の粒子を風に乗せて飛ばしていくことによって受粉を行う風媒花に分類される植物のなかでも、樹木を形成する植物のグループにあたる木本植物に分類される代表的な植物における花粉の大きさをいくつか挙げていくと、

クヌギの花粉の大きさは40マイクロメートルくらい、ケヤキの花粉の大きさは35マイクロメートルくらいであるとされていて、前述したスギやヒノキの花粉の大きさとだいたい同じくらいの大きさをしていると考えられることになります。

そして、それに対して、

ハンノキシラカバコナラオオバヤシャブシといった樹木の花粉の大きさはそれよりもやや小さめの25マイクロメートル

イチョウオリーブの木の花粉の大きさはそれよりもさらに小さい20マイクロメートルくらいの大きさをしていると考えられ、

その一方で、クロマツアカマツといったマツ科に分類される樹木の花粉はかなり大きめで50マイクロメートルくらいの大きさをしていると考えられることになります。

つまり、

こうした樹木を形成する植物のグループにあたる木本植物に分類される風媒花花粉の大きさは、だいたい2050マイクロメートルくらいの大きさの範囲に位置づけられることになると考えられ、

スポンサーリンク

そのなかでも、スギ花粉ヒノキ花粉大きさにあたるだいたい30マイクロメートル前後の大きさをした花粉の粒子が最も多いと考えられることになるのです。

イネやブタクサなどの草本植物における花粉の大きさの比較

そして、それに対して、

樹木を形成しない植物のグループにあたる草本植物に分類される植物のなかで花粉症の原因となる代表的な植物の種類としては、イネ(稲)ブタクサ(豚草)という二種類の一年草の名が挙げられることになりますが、こうした花粉症の原因となる代表的な二種類の草花における花粉の大きさは、

ブタクサ花粉の大きさはかなり小さめの20マイクロメートルくらいであるのとは対照的に、イネ花粉の大きさはかなり大きめの45マイクロメートルくらいであると考えられることになります。

そして、その他にも、こうした花粉症の原因となる風媒花に分類される植物のなかでも、樹木を形成しない植物のグループにあたる草本植物に分類される代表的な植物における花粉の大きさをいくつか挙げていくと、

ガマの花粉の大きさはやや大きめの35マイクロメートルシロザカモガヤの花粉の大きさは30マイクロメートルなのに対して、

ヨモギヒメガマカナムグラなどの花粉の大きさはやや小さめの25マイクロメートルくらいの大きさをしていると考えられることになります。

つまり、

こうした樹木を形成しない植物のグループにあたる草本植物に分類される風媒花花粉の大きさは、だいたい2045マイクロナノメートルくらいの大きさの範囲に位置づけられることになると考えられることになるのです。

木本植物と草本植物で花粉の大きさに違いはあるのか?

そして、こうしたことを考え合わせていくと、上記の図において示したように、

花粉症の原因となる風媒花に分類される植物においては、大きな木々へと成長していく木本植物においてもそうした樹木を形成しない背の低い草花である草本植物においても花粉の大きさにはあまり大きな差はないと考えられ、

こうした花粉症の原因となる花粉の粒子の大きさは、だいたい2050マイクロメートルくらいの範囲内に位置づけられることになると考えられることになります。

そして、そのなかでも、

スギ花粉ヒノキ花粉イネ花粉ブタクサ花粉といった花粉症の原因となる代表的な植物の花粉の粒子の大きさは、だいたい30マイクロメートル前後の大きさをしているものが多いと結論づけることができると考えられることになるのです。

・・・

次回記事:ウイルスと花粉はどちらの方がどのくらい大きいのか?一番大きいウイルス粒子と一番小さい花粉の粒子の大きさ比べ

前回記事:ウイルスの大きさはどのくらいなのか?代表的な50種類のウイルスの大きさの比較

生物学のカテゴリーへ

スポンサーリンク

このページの先頭へ