ゲリラ豪雨とヒートアイランド現象の関係とは?古代の雨乞いの儀式における上昇気流の発生と都市部における局地的な集中豪雨

10km四方くらいの狭い地域に、数十分から一時間といった短時間のうちに、時間雨量が50mmから100mmを超えるような大量の雨が降るという

突発的で局地的な集中豪雨のことを指して、日本では、ゲリラ豪雨といった言葉が広く用いられていますが、

こうしたゲリラ豪雨と呼ばれる現象は、東京などに代表されるような都市部において特に被害が拡大しやすいといった特徴を持つ都市型の集中豪雨としても位置づけられることになります。

それでは、

こうしたゲリラ豪雨と呼ばれる現象が、都市部において発生する頻度が高く被害も拡大しやすいといった傾向にある具体的な理由としては、どのような点が挙げられることになると考えられることになるのでしょうか?

スポンサーリンク

ヒートアイランド現象やビル風などを原因とする都市部におけるゲリラ豪雨の発生

そうすると、まず、

狭い地域に人口が集中する都市部において、ゲリラ豪雨が発生しやすくなると考えられる具体的な理由としては、

こうした東京などに代表されるような都市部においては、一般的に、

ヒートアイランド現象と呼ばれているように、アスファルトによって舗装された道路コンクリートの建物の表面において熱が蓄積していくことや、エアコン自動車などからの排熱が増加していくことによって、局地的な気温の上昇が引き起こされていくことになり、

そうしたヒートアイランド現象を主要な原因として引き起こされる局地的な気温の上昇により地上で熱せられた空気が上へと昇っていくことで生じる上昇気流によって、都市の上空においては大雨の原因となる積乱雲が発生しやすくなるといったことが主要な原因の一つとして挙げられることになると考えられることになります。

また、

こうした都市部において見られる高層ビル群などの巨大な建造物の間では、ビル風などと呼ばれるように、急激な風向きの変化なども起きやすいことから、複雑な気流の乱れによって雨雲が局地的に集中しやすいといった原因も挙げられることになるほか、

実際に、ゲリラ豪雨と呼ばれるような局地的な集中豪雨が発生した場合に、地面の大部分が舗装されてしまっている都市部においては、地面に雨が吸収されることになく、降った雨の大部分がそのまま川に流れ込んで急激な増水を引き起こしやすいといったことも、

こうした都市部においてゲリラ豪雨の被害が拡大しやすい原因の一つとして挙げられることになると考えられることになるのです。

スポンサーリンク

古代における雨乞いの儀式と現代の都市部におけるゲリラ豪雨との関係

そもそも、

こうした地上において局地的な気温の上昇が引きこされることによって生じる上昇気流や発生や気流の変化によって、上空において大雨の原因となる積乱雲が発生しやすくなったり、周囲の雨雲が引き寄せられて雨が降りやすくなったりするといった現象は、

現代におけるヒートアイランド現象を原因とするゲリラ豪雨などにおいてはじめて見いだされていくことになった現象というわけではなく、

例えば、

古代の時代から世界各地において行われていた山や野原において大規模な焚き火をたいて神仏に雨が降ることを祈願するといった儀式や呪術においても、ある程度似通った現象が引き起こされていたとも捉えていくことができると考えられることになります。

もっとも、

そうした古代の雨乞いの儀式におけるような少し大掛かりなキャンプファイヤー程度の焚き火のような熱量で、果たして、その地域全体に影響を与えるような十分な気流の変化がもたらされたのか?ということについては、かなり疑わしいところがあると考えられますが、

その一方で、

蝶の羽のはばたきのようなごくわずかな気流の変化でも、めぐりめぐって地球の反対側で起こる大嵐につながるといったことも理論上はあり得ないことではないといった考え方を示唆するバタフライ・エフェクト(バタフライ効果)といった言葉もあるように、

古代の時代において行われていた、そうした小規模の局地的な上昇気流をもたらすことになる雨乞いの儀式が、実際にはただの偶然のようなケースが多かったとは考えられるとはいえ、

そうした現代におけるゲリラ豪雨の発生などに見られるような局地的で小規模な降雨の発生に対して一定の影響力を及ぼしていた可能性は十分にあるとも考えられることになるのです。

・・・

そして、そういった意味では、いずれにしても、

現代の時代におけるゲリラ豪雨の発生においては、そうした古代の雨乞いの儀式において行われていた焚き火どころではなく、

例えば、東京などの大都市においては、

一つの都市全体がつくり出しているヒートアイランド現象と呼ばれる高温化現象を通じて、言わば、

東京に暮らす一千万人を超える都民みんなでそうした古代の雨乞いの儀式をしているようなものなので、

そうした自分自身では意図せずに行っている都市で暮らす人々の雨乞いの声に引き寄せられて、関東地方の近くを行き来する雨雲たちが、東京などの都市部ゲリラ豪雨を降らしていくことになるというのも、ある意味では当然のことでもあるとも考えられることになるのです。

・・・

次回記事:正常性バイアスと同調バイアスの違いとは?個人的な経験の積み重ねと集団心理を原因とする認知のゆがみのあり方の区別

前回記事:ギリシア神話の海の神ポセイドンとオケアノスの関係とは?ティターン十二神からオリュンポス十二神への天空と海の支配の移譲

歴史・文化・社会のカテゴリーへ
物理学のカテゴリーへ

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ