高額の福袋の中には何が入ってるの?福袋の自動販売機ってあるの?

年の始めに、さまざまなお店で販売される「福袋」は、中に何が入っているのか分からなくても、
お値段よりはたくさんの品物が入っているのでとってもお得、
幸運・幸福を引き当てることになる、ということで、毎年人気ですね。

発売時刻の何時間も前から並ぶ人がいて、長蛇の列ができることもあります。

さあ、その福袋のお値段ですが、
高額の福袋の値段ってどの位まであるのかご存知ですか?
そして、その中身は?

スポンサーリンク

高額の福袋の値段ってどの位まであるの?

福袋のお値段は、
安いのは1,000円、3,000円、5,000円、というのから、
1万円、10万円、100万円・・・という高額のものまであります。

では、もっと高額の福袋って、一体、どの位の値段なのでしょうか?

調べてみると、
実は、1億円の福袋というのが、結構あちこちで販売されています。

2015年のお正月の福袋で最も高額だったのは、なんと、2億150万円の福袋でした。

一体、そのような高額の福袋には、どんな品物が入っているのでしょうか?

高額の福袋の中にはどんな品物が入っているの?

2015年のお正月に、2億150万円の福袋を販売したのは、高島屋日本橋店でした。
その中身は、慶長大判をモチーフにした重さ約20kgの「純金大判」に、同じく純金で出来た縁起の良い「恵比寿像」と「大黒天像」の3点セットです。

2億円というのは例外としても、1億円の福袋は結構あって、主に百貨店が販売しています。

松坂屋上野店は、1億円の福袋をいろいろ用意していて、
金の茶碗・ナツメ・香合などのセットを「金の茶道具福袋」として1億円で、
金のおりん、花器、線香たてなどのセットを「ご先祖様にも福袋」として1億円で、
リング、ネックレス、イヤリングなど入れた「豪華ダイヤモンド福袋」を1億円で、
それぞれ販売しました。

伊勢丹新宿店は「ペットと暮らす家“ダイワハウス”ゆめの一戸建て」という福袋を1億円で販売しました。
家作りのドキュメンタリー仕立てムービー製作もこみだそうです。

セブンネットショッピングが、「ロールスロイスファントムのドロップヘッドクーペと大粒のナチュラルファンシーカラーダイヤモンドのセット」を1億円で販売しました。
ダイヤモンドは1.39カラットということです。

スポンサーリンク

福袋の自動販売機があるってほんと?

ところで、福袋の自動販売機って、聞いたことがありますか?

大阪の電子部品専門店が、毎年、年末年始の休業期間中に、自動販売機で「福袋」を990円で販売しています。
中身はもちろん電子部品ですが、かなりお得だということです。

テレビでも、福袋の自動販売機が報道されたことがあります。
1000円札を投入するとランダムに商品が出てくる自動販売機で、どんな商品が出てくるかは買ってみるまで分からないというもの。

その自動販売機のショーウインドーには、ゲーム機や家電製品、アクセサリーなどの写真が貼ってあり、「福袋をプレゼント」と書かれてはいますが、
1年中販売されているものは、「福袋」とは言えませんよね。
言うならば、大人用ガチャ(ガチャガチャ、ガチャポン)ですね。

あなたの町には、福袋の自動販売機、ありますでしょうか?
今度、探してみるのも面白いかもしれませんよ。

まとめ

1億円の福袋は、主に百貨店が販売しています。
中身は、金の茶道具、ダイヤモンドのネックレスやイヤリング、金の花器や線香たてなどのセット、一戸建て、ロールスロイス、などです。

2015年のお正月には、2億150万円の福袋も販売されました。

大阪の電子部品専門店が、毎年、福袋を自動販売機で販売しています。

スポンサーリンク

このページの先頭へ