ノロウイルス対策のための手洗いの手順とは?ノロウイルス対策⑩

今回は、患者の部屋やトイレなどのレッドゾーンから退出した後や、汚染物の除染処理後におこなう、感染予防のための手洗いの手順、について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ノロウイルス汚染物の除染処理後に注意することは?

さて、ノロウイルスの患者の部屋トイレなどのレッドゾーンから退出した後や、汚染物の除染処理後におこなう、感染予防のための手洗いについてですが、

このシリーズ初回の「ノロウイルスの特徴」の項目でも書いたように、

ノロウイルスには、細菌にある細胞膜や、インフルエンザなどのウイルスにあるエンベロープといった脂質からなる膜が存在しないので、
石鹸アルコールなどでウイルス自体を失活させることは困難です。

しかし、ノロウイルスは

他の汚れなどと一緒になって、皮膚の表面や皮脂などに付着しているので、
ウイルス自体を失活化・破壊することはできなくても、

ウイルスを含んでいる皮脂ごと洗い流すことで
十分、ウイルスを排除する効果があると考えられます。

したがって、

石鹸ハンドソープをしっかり泡立ててから、
シャボンで皮膚の表面、皮脂ごと洗い落とすイメージで、
手首から、手の甲指の一本一本、そして、爪の間まで、手の各部分を意識して、しっかり洗い上げることが大切です。

また、洗面台蛇口は、
ウイルス感染の危険地帯と安全地帯の間にある、境界地帯のイエローゾーンです。

せっかく洗い上げてきれいになった手で
最後に、ウイルスが付着したままの蛇口の取っ手に触れてしまっては
元も子もありません

ですから、

一度、しっかりシャボンをつけて手を洗ったら、
次に、蛇口の取っ手洗面台まわりなどを、シャボンをつけて洗い流し
最後に再び手を仕上げ洗いしてから、
きれいになった蛇口の取っ手を持って水を止め、
グリーンゾーンである安全地帯、通常の生活空間へと戻るようにしましょう。

スポンサーリンク

ノロウイルス汚染物の除染処理後の手洗いの手順とは?

こうした手洗いとその前後の手順の流れをまとめると、以下のようになります。

患者の部屋トイレ汚染物の処理などのレッドゾーンから出たら、マスクやビニール手袋などを外して、ビニール袋などの所定の場所にしまう。

② そのまま、なるべく何にも手を触れないように注意しながら、イエローゾーンである洗面台へと向かう。

③ 洗面台で石鹸ハンドソープをしっかり泡立てて、シャボンで手首から爪の間までしっかりと洗い込む

④ 一度、手のシャボンを水で洗い流してから、再び石鹸を泡立てて、蛇口の取っ手をシャボンをつけて洗い流す

⑤ 最後に、再び石鹸をつけて手を仕上げ洗いし、
シャボンをすべて水で洗い流してから水を止め、
清潔なタオルで手を拭けば
手洗いによるノロウイルス予防対策は完了!

すっきりして、グリーンゾーンである通常の生活空間へと戻る。

以上です。

次回のシリーズ「ノロウイルス対策⑪」は、第3の感染ルート、「食品感染(食中毒)」による感染機会を減らすための予防対策、について考えてみたいと思います。

まとめ

ノロウイルスは、皮膚の表面や皮脂などに付着しているので、シャボンで皮脂ごと洗い流せば、ウイルスを排除する効果があります。

レッドゾーンからの退出後や、汚染物の除染処理後の手洗いの手順は、

まず、マスクやビニール手袋などを外してビニール袋などの所定の場所にしまい、イエローゾーンである洗面台へと向かいます。

次に、石鹸やハンドソープを泡立て、シャボンで手首から爪の間までしっかりと洗い、一度、手のシャボンを水で洗い流してから、再び石鹸を泡立てて、蛇口の取っ手を洗い流します。

再び、石鹸をつけて手を仕上げ洗いし、シャボンをすべて水で洗い流してから、清潔なタオルで手を拭けば、ノロウイルス予防のための手洗いはバッチリ完了!

以上です。

スポンサーリンク

このページの先頭へ