新型コロナウイルスの流行が終息する四つのパターンとは?集団免疫の強化やウイルスの弱毒化を通じた終息への具体的な道筋

新型コロナウイルス世界的な感染拡大が進んでいくなか、世間では、このウイルスの流行はいつになったら終息するのか?もしかすると永遠に終息しないのではないか?といった強い不安感が広がっているが、

感染症の流行は、その流行が大規模で急速なものであればあるほど、基本的には、その終息も明確な形で訪れることになると考えられる。

それでは、今回の新型コロナウイルスの世界的な流行は、具体的にどのような道筋をたどっていく形で終息へと向かっていくことになるのだろうか?

それについては、大きく分けて以下のような全部で四つのパターンが考えられることになる。

スポンサーリンク

ウイルスの封じ込めの成功による終息

そうすると、まず、

一つ目終息のパターンとしては、

最も分かりやすい単純なケースとして、ウイルスの封じ込めの成功による終息というパターンが考えられる。

いったん感染症の流行が始まったとしても、感染が拡大しつつある地域を封鎖する、あるいは、感染地域からの渡航制限移動制限といったある種の隔離措置を講じていくことによって、

ウイルスの封じ込めに成功することになれば、そうした隔離地域の外側へはほとんどウイルスの感染が広がらなくなるので、当然のことであるが、感染症の流行比較的早期に終息へと向かっていくことになる。

スポンサーリンク

感染拡大の大規模な進展にともなう集団免疫の強化による終息

そして、その次に、

二つ目終息のパターンとしては、

感染拡大が大規模に進展していくなかで発生する回復者の増加によって生じることになる社会全体の集団免疫の強化による終息というパターンが考えられる。

一つ目の終息のパターンであるウイルスの封じ込めに失敗して、ウイルスの感染拡大世界中で大規模に進んで行くことになると、

感染者の増大によって死者や重症者といった深刻な被害が拡大していくことになるが、それと同時に、そうした感染症による死者の数を上回るより多くの回復者がやがてそれぞれの国や地域における社会生活へと復帰していくことになる。

そして、こうした回復者たちは、基本的には免疫を持つことによって、未感染者と比べた場合、同じ感染症への再感染のリスク非常に低くなるため、

そうした大量の回復者たちが社会の内で、言わば、感染拡大を防ぐ防波堤としての役割を果たしていくことによって、流行拡大の波は急速に弱まり、終息へと向かっていくことになる。

流行の長期化のなかで生じるウイルスの弱毒化による終息

そして、さらに、

三つ目終息のパターンとしては、

世界規模での感染拡大が進んで行くうちに、突然変異によるウイルスの弱毒化が引き起こされることによって事実上の終息がもたらされるというパターンも考えられる。

感染拡大が大規模で急速な形で進展していくと、それに伴って突然変異によるウイルスの変異のスピードも速くなっていくことになる。

その際、突然変異したウイルスの毒性は、元のウイルスと比べて強毒化する場合と弱毒化する場合の両方のケースが考えられることになるが、

ウイルスの立場に立って考えてみた場合、

宿主となる人間を感染してから早いうちに重症化または死亡させることによって次の宿主への感染機会が減少してしまう強毒性のウイルスよりも、

宿主となる人間の病状が軽症のままの状態にとどまることによって感染機会が増加する弱毒性のウイルスの方が子孫を残すのに有利となると考えられる。

したがって、

長期的な視点においては、流行の長期化によって生じる突然変異によってウイルスが弱毒化へと向かっていく可能性は十分に高くなると考えられ、

新型コロナウイルスそのものが通常の風邪の原因となるコロナウイルスと同程度にまで弱毒化してしまえば、それ以上、このウイルスによって人間の社会生活が脅かされることはなくなるので、流行は事実上の終息を迎えることになる。

ワクチンや治療薬の開発による終息

そして、最後に、

四つ目終息のパターンとしては、

これも最初に挙げたパターンと同様に、当たり前のことではあるのだが、前述した三つのパターンのいずれかの道による終息を目指して人類全体がウイルスと格闘しているうちに、

世界中の優秀なウイルス学者たちが、この新型ウイルスに対して有効なワクチンや治療薬を開発することに成功してくれれば、

当然のことながら、

新型コロナウイルスは、かつての天然痘ウイルスなどのように地球上から撲滅されることになるか、少なくとも、季節性のインフルエンザウイルスなどのように適切な治療や予防を講じることができるようになることによって流行の終息へと至ることになると考えられる。

・・・

以上のように、

今回の新型コロナウイルス世界的な流行終息へと向かっていくことになる具体的な道筋としては、

①ウイルスの封じ込めによる終息

②集団免疫の強化による終息

③ウイルスの弱毒化による終息

④ワクチンや治療薬の開発による終息

という全部で四つのパターンが考えられることになるのである。

・・・

次回記事:新型コロナウイルスの流行がこのまま定在化することがない理由:古代の疫病の流行の終息とインフルエンザの毎年の流行の本質

前回記事:新型コロナウイルスの流行は100年前のスペイン風邪を繰り返すのか?日本国内と世界各国で亡くなった代表的な著名人

時事考察のカテゴリーへ

医学のカテゴリーへ

スポンサーリンク

このページの先頭へ