シビュラシステムの由来とは?古代ギリシアのデルポイのアポロン神殿で神託を下す古代の巫女と法の女神テミスとの関係

人間のあらゆる心理状態や性格傾向数値として計測可能となり、そうした人間の精神状態数値化したデータであるPSYCHO-PASS基づいて人生が定められ

人々が裁かれていく近未来の姿が描かれている日本のSFアニメ作品であるPSYCHO-PASS サイコパス』においては、

そうした人間の精神状態科学的に分析して、それをPSYCHO-PASSと呼ばれる総体的な心の数値へと数値化していく主体となる存在として、シビュラシステムと呼ばれる巨大なシステムが登場することになります。

そして、こうしたシビュラシステムと呼ばれる人々の心を統制する巨大なシステムの存在は、作品中においても、

己の意思を問うこともせず、ただシビュラの神託のままに生きる人間たちに、 はたして価値はあるんだろうか。」

というセリフが出てくるように、

デルポイのアポロン神殿などに代表される古代ギリシア世界における神秘的な巫女たちの存在にその大本の由来を求めることができると考えられることになります。

スポンサーリンク

法の女神テミスに仕える大蛇ピュートーンとデルポイの巫女

神殿の入り口に碑文として刻まれていたとされる「汝自身を知れ」という警句や、ギリシア神話オイディプス王の悲劇を生んだとされる神託の言葉などで有名な古代ギリシアの聖地にあたるデルポイの地においては、

予言と音楽を司る光明神であるとされるアポロンを祀る神殿が築かれて、こうしたデルポイアポロン神殿に仕える巫女たちから神託の言葉を受けるために、ギリシア各地から多くの人々が訪れていたとされているのですが、

ギリシア神話においては、

太古の時代において、こうしたデルポイの聖地を司っていた神はアポロンではなく、ティターン神族と呼ばれる古代の巨神族のうちの一柱でもあった法の女神テミスによって支配されていたとも語られています。

そして、

テミスのもとに仕えるデルポイ巫女たちは、神殿の奥にあったとされる地の裂け目から霊気を吸って神がかりとなることによって、法の女神テミスが下す正義の裁き神聖なる神託の言葉を語り伝えられていたとされているのですが、

太古の時代におけるデルポイの聖地は、テミスのもとに仕える巨大な蛇であったピュートーンによって守護されていたため、

こうした法の女神テミスのもとに仕える大蛇ピュートーンの名を取って、デルポイの地に住む巫女たちピューティアとも呼ばれ、神託の言葉を得るためにこの地を訪れる多くの人々から崇められていくことになっていったと考えられることになるのです。

スポンサーリンク

シビュラと呼ばれる地中海世界の古代の巫女とデルポイの神託との関係

そして、その後、

こうしたピューティアと呼ばれるデルポイの巫女たちが仕える聖なる神託の地が、ティターン神族と呼ばれる古代の巨神族の一員でもあった法の女神テミスのもとから、

そうしたティターンあるいはタイタンとも呼ばれる古代の神々による支配を打ち砕いて天界に新たなる秩序をもたらしたオリュンポスの神々の一員である光明神アポロンの手へと譲り渡されることになると、

デルポイの巫女たちは、アポロンに仕える巫女たちという意味で、デルポイのシビュラとも呼ばれるようになっていくことになります。

もともと、こうした古代ギリシア語におけるシビュラ(Σίβυλλαという言葉は、イオニア地方を中心とする地中海世界の各地にあった古代ギリシアの神殿において、

アポロンの神託を授ける古代の巫女たちのことを意味する総称として用いられていた言葉であったと考えられるのですが、

以上のように、

PSYCHO-PASS サイコパス』においてシビュラシステムと呼ばれている人々の心を統制する巨大なシステムの名称のギリシア神話における大本の由来は、

こうしたアポロン神殿が築かれていた古代ギリシア聖地デルポイに代表される地中海世界において、予言と音楽を司る光明神であるとされるアポロンの神託を語り伝えていたとされているシビュラと呼ばれる古代の巫女たちの存在、

さらには、ギリシア神話において、太古の時代にこの地を支配したとされる巨神族の一人であった法の女神テミスとこの地を守護する大蛇ピュートーンの名に由来するピューティアと呼ばれるデルポイの地に住む巫女たちの存在のうちに、

その大本の起源を求めていくことができると考えられることになるのです。

・・・

次回記事:パンクラスの由来とは?古代の総合格闘技パンクラチオンとギリシア世界における古代のオリンピックとの関係

前回記事:サイコパスとして数値化できない人間の心の内における深淵なる闇の存在と心理学的な概念としてのサイコパスとの関係

映画・アニメ・漫画のカテゴリーへ

ギリシア神話のカテゴリーへ

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ