旧約聖書の熱情の神から新約聖書の理性的な神への転換、旧約聖書と新約聖書における神の性質の違い①

前回書いたように、旧約聖書と新約聖書の両者に共通する神の性質としては、創造主・全知全能・唯一神・善性・完全性・永遠性・至高者・契約の神・裁きの神・光明神といった定義が挙げられることになります。

そして、それに対して、旧約聖書の段階においては強く提示されているものの、新約聖書の段階においては徐々にフェードアウトして薄らいでいったと考えられる神の性質のあり方としては、

人格神万軍の主といった旧約聖書における神の定義のあり方が挙げられることになると考えられることになります。

そこで、今回は、上記の二つの神の定義のあり方のうちの前者である人格神としての神の定義のあり方について、こうした神の性質が、旧約聖書から新約聖書への変遷において、具体的にどのような形で移り変わっていったと考えられるのか?ということについて詳しく考えてみたいと思います。

「熱情」や「妬み」といった負の感情を持つ旧約聖書における熱情の神

まず、旧約聖書において神の存在のあり方についての定義が示されている様々な箇所の記述においては、

「あなたはほかの神を拝んではならない。主はその名を熱情といい、熱情の神である。」(「出エジプト記」34章14節)

「あなたのただ中におられるあなたの神、主は熱情の神である。あなたの神、主の怒りがあなたに向かって燃え上がり、地の面から滅ぼされないようにしなさい。」(「申命記」6章15節)

さらには、

主は、勇士のように出で立ち戦士のように熱情を奮い起こし叫びをあげ、鬨(とき)の声をあげ、敵を圧倒される。」(「イザヤ書」42章13節)

と記されているように、

旧約聖書においては、神の姿は、熱情と呼ばれるような強い人間的な感情を持った人格神として捉えられていると考えられることになります。

ちなみに、上記の新共同訳の旧約聖書において「熱情」と訳されている言葉は、口語訳においては、「ねたみ」や「嫉妬」といった言葉として訳される単語にあたるので、

旧約聖書における人格神としての神の姿は、慈しみや憐みといった善なる感情のほかに、人間と同じような「妬み」や「嫉妬といった負の感情をも兼ね備えた姿として描かれていると考えられることになるのです。

慈しみや憐みといった善なる感情のみを持つ新約聖書における理性的な神

それに対して、新約聖書においても感情を持った神の姿がまったく示されていないというわけではなく、例えば、新約聖書においても、ルカによる福音書6 36では、

あなたがたの父が憐れみ深いように、あなたがたも憐れみ深い者となりなさい。」

と記されているように、慈しみや憐みといった善なる感情によって人間を救済しようとする神の姿は新約聖書のなかでも度々描かれていくことになります。

しかし、

旧約聖書において見られるような「熱情」「妬み」といった負の感情を持つ存在としての神の姿が直接的な形で示されている箇所は新約聖書においては一切でてくることがなく

新約聖書においては、あくまで、神の善性の表出や、裁定者としての神の裁きの表れといった面においてのみ、人格神としての神のあり方が語られていると考えられることになるのです。

つまり、

新約聖書においては、旧約聖書におけるような「妬み」や「嫉妬」といった負の感情も兼ね備えた人間的な人格神の姿ではなく、

慈しみ憐みといった善なる感情のみを持ち、熱情ではなく、冷静な心によって裁きを下す理性的な神の姿が描かれていると考えられることになるのです。

・・・

以上のように、

旧約聖書においては十か所以上で述べられている熱情の神という神の定義のあり方についての記述が、新約聖書においては一切出てこなくなってしまうといったことからも分かるように、

旧約聖書の段階においては、熱情」や「妬みといった人間的な負の感情を持ち、時には、叫び声」や「鬨の声をあげて自らの敵へと襲いかかっていくような荒々しい人格神としての神の姿が示されているのに対して、

新約聖書の段階においては、そうした荒々しい人格神としての神の姿は徐々にフェードアウトしていき、それに対して、慈しみ憐みといった善なる感情を通して人々を救済し、冷静で平等なる裁きを下す存在としての理性的な神の姿が強調されるようになっていくと考えられることになります。

つまり、

旧約聖書と新約聖書における神の性質のあり方の違いとしては、その一つとして、旧約聖書における人間的な負の感情も持った熱情の神から、新約聖書における理性的な神へと

神の性質のあり方の定義についての方向性の転換が行われているということが挙げられると考えられることになるのです。

・・・

次回記事:旧約聖書における万軍の主から新約聖書の平和の神への移行、旧約聖書と新約聖書における神の性質の違い②

前回記事:旧約聖書と新約聖書に共通する神の定義のあり方とは?キリスト教における神の定義⑥、神の定義とは何か?⑧

神とは何か?のカテゴリーへ
旧約聖書のカテゴリーへ
新約聖書のカテゴリーへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ