英語とラテン語における十二星座の名前の表記と発音のあり方の比較、ラテン語を語源として形づくられていった星座の名称

おひつじ座おうし座などといった十二星座における星座の名前は、英語ではそれぞれAries(アリエス)Taurus(タウルス)といった表記と発音がなされることになるのですが、

こうした英語における十二星座の名前の表記のあり方は、基本的にはすべて、ラテン語における星座の名前の表記のあり方が直接的な語源となることによって形成されていった表記のあり方であると考えられることになります。

そこで、今回の記事では、

こうした英語ラテン語における十二星座に分類されることになるそれぞれの星座の名前の表記と発音のあり方について互いに詳しく比較していく形でまとめていってみたいと思います。

スポンサーリンク

英語とラテン語における十二星座の名前の表記と発音のあり方の比較

そうすると、まず、

英語における十二星座の名前発音のあり方の目安となるカタカナ表記についてまとめると、

おひつじ座Aries(エアリーズ)
おうし座Taurus(トーラス)
ふたご座Gemini(ジェミニ)
かに座Cancer(キャンサー)
しし座Leo(リオ)
おとめ座Virgo(ヴァーゴ)
てんびん座Libra(リーブラ)
さそり座Scorpio(スコーピオ)
いて座Sagittarius(サジテリアス)
やぎ座Capricorn(カプリコーン)
みずがめ座Aquarius(アクエリアス)
うお座Pisces(パイシーズ)

とそれぞれ表記されることになると考えられることになります。

・・・

 そして、それに対して、

ラテン語における十二星座の名前発音のあり方の目安となるカタカナ表記についてまとめると、

おひつじ座Aries(アリエス)
おうし座Taurus(タウルス)
ふたご座Gemini(ゲミニ)
かに座Cancer(カンケル)
しし座Leo(レオ)
おとめ座Virgo(ウィルゴ)
てんびん座Libra(リーブラ)
さそり座Scorpius(スコルピウス)
いて座Sagittarius(サギッタリウス)
やぎ座Capricornus(カプリコルヌス)
みずがめ座Aquarius(アクアリウス)
うお座Pisces(ピスケース)

とそれぞれ表記されることになると考えられることになります。

スポンサーリンク

・・・

そして、

上述した英語ラテン語における十二星座の名前の表記と発音のあり方について互いに詳しく比較していくと、

まずは、それぞれの星座の名前の発音という観点からは、

英語とラテン語における単語におけるアルファベットの発音のあり方の違いのために、てんびん座を意味するLibra(リーブラ)以外の他のすべての星座の名前については、英語ラテン語とではそれぞれ微妙に異なった発音になってしまうと考えられるのですが、

その一方で、

純粋なアルファベット表記という観点からは、

こうした英語における十二星座の名称アルファベット表記のあり方は、

さそり座英語ではScorpio(スコーピオ)と表記されるのに対して、ラテン語ではScorpius(スコルピウス)と表記されることになり、

やぎ座英語ではCapricorn(カプリコーン)と表記されるのに対して、ラテン語ではCapricornus(カプリコルヌス)と表記されることになるという点を除くと、

残りの十の星座の名前のアルファベット表記のあり方については、すべてラテン語における表記のあり方とまったく同じアルファベット表記のあり方が英語の表記のあり方においてもそっくりそのまま用いられていると考えられることになります。

そして、以上のように、

こうした英語における十二星座の名前の表記のあり方のうち、十の星座の名前についてはラテン語における星座の名前とまったく同じ表記が用いられていて、

残りのさそり座やぎ座という二つの星座についても、ラテン語における星座の名前と非常によく似た表記が用いられているように、

英語における十二星座のすべて名前は、英語を含む西ヨーロッパ系の言語の一つの原型となった言語であり、現代のヨーロッパ諸国の土台となる西洋の古典文化を築いた言語であるラテン語における星座の名前に由来していると考えられることになります。

そして、さらに言えば、

こうした十二星座に代表されるような夜空に輝くほとんどすべての星座の名前についても、基本的にはラテン語を語源とすることよって、現代の天文学へと通じるそれぞれの星座の名称が形づくられることになっていったと考えられることになるのです。

・・・

次回記事:星座の名前にラテン語を起源とする名称が多い理由とは?古代ギリシアから古代ローマへの天文学的知識と神話の継承

前回記事:星座の由来のほとんどがギリシア神話に求められる理由とは?古代ギリシアにおける幾何学と天文学の発展と星座との対応関係

天文学のカテゴリーへ
英語のカテゴリーへ
ラテン語のカテゴリーへ

スポンサーリンク

このページの先頭へ