二十四節気で春を構成する立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨という六つの節気の天文学的な位置づけと具体的な意味と特徴

二十四節気(にじゅうしせっき)と呼ばれる日本や中国の暦において古来、長きにわたって用いられてきた暦の区分のあり方においては、立春から大寒までの二十四の節気によって一年の区分けがなされていたと考えられることになるのですが、

そうした二十四節気における季節の区分においては、立春から立夏の前日までにあたる期間が春の季節と位置づけられていて、

具体的には、

立春(りっしゅん)・雨水(うすい)・啓蟄(けいちつ)・春分(しゅんぶん)・清明(せいめい)・穀雨(こくう)と呼ばれる六つの節気が、

こうした春を構成する六つの暦の区分点として位置づけられることになると考えられることになります。

それでは、

こうした二十四節気における立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨という春を構成する六つの節気は、それぞれ具体的にどのような意味と特徴をもった節気のあり方として位置づけられることになると考えられることになるのでしょうか?

スポンサーリンク

二十四節気における春の季節の天文学的な定義と春の季節の中心としての春分の日の位置づけ

立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨の天文学的な位置づけ

そうすると、まず、上記の図において示したように、

二十四節気において春の季節として位置づけられることになる立春から立夏の前日までの期間は、天文学的な位置づけにおいては、

太陽が黄道天の赤道との昇交点にあたる黄経0春分点を中心とする天球上の90度の領域に位置する期間、

すなわち、太陽黄経315度から45までの期間が春の季節にあたる期間として位置づけられることになると考えられることになります。

そして、

こうした春の季節の中心として位置づけられることになる春分の日は、

一日における昼と夜の長さがほぼ等しくなり、そこから夏至へと向けて少しずつ昼の長さが長くなっていくことになる区切りとなる日としても位置づけられることになると考えられることになるのです。

スポンサーリンク

立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨という春を構成する六つの節気の具体的な意味と特徴

それでは、

こうした春の季節のうちに含まれている立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨という六つの節気は、それぞれ具体的にどのような意味と特徴を持つ節気として位置づけられることになるのか?ということについてですが、

こうした春を構成する六つの節気のうちのはじめに挙げた

立春(りっしゅん)とは、その名の通り、冬が極まったのちに春の気配が立ちはじめる日であるとされていて、九州など暖かい地方では梅の花が咲き始める時期にもあたり、

天文学的な定義においては、現在の暦の日付では24ごろにあたる太陽黄経が315に達する日がこうした立春の日として位置づけられることになると考えられることになります。

そして、その次に挙げた

雨水(うすい)とは、空から降ってくる雪が雨へと変わっていき、この頃の時節を積雪のピークとしてその後は少しずつ雪解けへと向かっていくことになる時期のことを意味していて、

天文学的な定義においては、現在の暦の日付では219ごろにあたる太陽黄経が330に達する日がこうした雨水の日として位置づけられることになり、

その次に挙げた

啓蟄(けいちつ)とは、冬の間に地中で息をひそめていた虫たちが戸を啓(ひら)いて地上へと這い出てくる頃の時節のことを意味していて、

天文学的な定義においては、現在の暦の日付では36ごろにあたる太陽黄経が345に達する日がこうした啓蟄の日として位置づけられることになります。

そして、それに対して、その次の

春分(しゅんぶん)とは、前述したように、一日における昼と夜の長さがほぼ等しくなり、そこから夏至へと向けて少しずつ昼の長さが長くなっていくことになる春の季節の中心として位置づけられる節気にあたり、

天文学的な定義においては、現在の暦の日付では321ごろにあたる太陽黄経が0に達する日がこうした春分の日として位置づけられることになると考えられることになります。

また、その次に挙げた

清明(せいめい)とは、大気にうちに春の気がいっぱいに満ちて、南東の方角から清々しい風が吹いてきて、万物が清らかで美しく明るく見えることを意味していて、この頃になると気候も温暖になり、桜や桃の花満開の時期を迎えていくことになり、

天文学的な定義においては、現在の暦の日付では45ごろにあたる太陽黄経が15に達する日がこうした清明の日として位置づけられることになるのに対して、

最後に挙げた

穀雨(こくう)とは、暖かな春の雨が大地を潤していくことによって種まきや育苗を行うための田畑の準備が整う時期、すなわち、大地に穀物の成長を助ける恵みの雨が降り注ぐ時期のことを意味していて、

天文学的な定義においては、現在の暦の日付では420ごろにあたる太陽黄経が30に達する日がこうした穀雨の日として位置づけられることになると考えられることになるのです。

・・・

次回記事:二十四節気で夏を構成する立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑という六つの節気の天文学的な位置づけと具体的な意味と特徴

前回記事:平気法と定気法の違いとは?節気の配置のあり方における時間的な均等性と空間的な均等性の差異と両者の具体的な特徴の違い

天文学のカテゴリーへ

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ