「闇に隠れて生きる」「はやく人間になりたい!」という妖怪人間の言葉に込められた人間という存在に対する強い思いとは?

前回の記事で書いたように、1968年に制作されたテレビアニメ作品である『妖怪人間ベム』に登場するベム、ベラ、ベロという三人の妖怪人間たちの誕生の秘密は、

太古の昔に古代の偉大なる科学者が人間の悪しき行いを正すために行った人造人間の創造の実験の内にその存在の理由が求められることになると考えられることになります。

そして、こうした妖怪人間たちの物語は、

「闇に隠れて生きる」という冒頭の歌詞と「はやく人間になりたい!」という妖怪人間たちの心の叫びが表れているようなセリフが印象的な以下のようなオープニングソングで幕を開けることになります。

・・・

闇に隠れて生きる俺おれたちゃ妖怪人間なのさ
人に姿を見せられぬ獣のようなこの身体。

「はやく人間になりたい!」

暗い運命(さだめ)を 吹き飛ばせ
ベム!ベラ!ベロ!妖怪人間。

スポンサーリンク

・・・

妖怪人間たちが「闇に隠れて生きる」ことを余儀なくされた理由とは?

冒頭でも述べたように、

この物語の主人公である妖怪人間たちは、古代の偉大な科学者による人造人間の創造の実験によって創り出された人造細胞から生まれた人工の生命体であると考えられることになるのですが、

こうした古代の博士が試みた最高の身体と精神とを兼ね備えた完全なる人間としての人造人間の創造の計画自体は、博士の死によって、その道半ばで途絶えてしまうことになります。

そして、

博士の死後、長い年月を経たのち、打ち捨てられていた人造細胞の培養液が入っていた古びた壺の中で、ある日突然細胞が分裂をはじめていくことによって、こうした妖怪人間と呼ばれる異形の生物たちが生まれたと考えられることになるのですが、

つまり、そういった意味では、

この物語の主人公である妖怪人間たちは、言わば、そうした古代の博士が試みた人造人間の創造計画の失敗作にあたるような存在であり、

彼らは、そうした崇高な目的のために行われた悪魔のような実験の失敗によって生み出された自らの不完全で醜い身体を恥じることによって、「闇に隠れて生きる」ことを余儀なくされることになったと考えられることになるのです。

スポンサーリンク

「はやく人間になりたい!」という言葉に込められた妖怪人間たちの心の叫び

しかし、

こうした古代の博士が試みた最高の身体と精神とを兼ね備えた完全なる存在としての完全なる人間の創造の計画は、そのすべてが完全なる失敗に終わってしまったというわけでもなく、

より正確に言えば、

そうした完全なる人間の創造の計画は、半分は失敗、半分は成功に終わったとも考えられることになり、

結局は、そうした博士が本来創り上げようとしていた最高の身体と精神とを兼ね備えた完全なる人造人間の代わりに、

人間とは似ても似つかないような醜い身体と、通常の人間には及びもつかないような正しく美しい心とを同時に持った非常にアンバランスな性質を持った妖怪人間と呼ばれる異形の生命体が誕生してしまうことになったと考えられることになります。

つまり、そういった意味では、

こうした『妖怪人間ベム』の冒頭のシーンで語られている「はやく人間になりたい!」という妖怪人間たちの心の叫びのような言葉には、

どんな人間にも劣ることがないような人間らしい正しく美しい心を持ちながら、そうした美しい心にふさわしい人間としての本来の清らかな身体を与えられることがなかった妖怪人間たちが、

そうした自らの心にふさわしい人間としての本来の身体を取り戻すことを望み願ってやむことがないという妖怪人間たちの人間という存在に対する強い切実なる思いが込められていると考えられることになるのです。

・・・

次回記事:「妖怪人間ベム」の物語に込められた現代の人間に対する警鐘とは?醜い身体と正しい心を持つ妖怪人間の対極にある存在

前回記事:妖怪人間の誕生した本当の理由とは?細胞生物学における不死なる人造細胞としてのベロ細胞との関係

映画・アニメ・漫画のカテゴリーへ
名言・格言・箴言のカテゴリーへ

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ