オーマという巨神兵の名の由来とは?ケルト神話における戦いの神オグマとダーナ神族との関係、巨神兵とは何か?③

「人生から別れる時にはオデュッセウスとナウシカの別れのごとくあれ」『善悪の彼岸』におけるニーチェの箴言と人生観

王女ナウシカと英雄オデュッセウスの恋愛と友愛、ギリシア神話の王女ナウシカと風の谷のナウシカの関係とは?②

風の谷のナウシカとギリシア神話の王女ナウシカの関係とは?①『オデュッセイア』におけるパイアキアの王女ナウシカの記述

聖徳太子と諸葛孔明の天下三分の計の関係とは?常識的な国家観を打ち破る柔軟な発想としての両者の思想の共通点

聖徳太子が対等外交の礎を築いた人物とされる理由とは?「日出づる処の天子」に秘められた飛鳥時代の日本の遠大なる野望

当時の日本が中国側の心証を害してでも「日出づる処の天子」という文言を国書のなかに記した具体的な理由とは?

「日出づる処の天子」という言葉は日本と中国の対等外交の樹立を表すのか?君主の間の対等関係と国同士の間の対等外交の違い

隋の煬帝が遣隋使を追い返さずに裴世清を使者として遣わした理由とは?当時の東アジアにおける国際情勢と高句麗大遠征

隋の煬帝は「日出づる処の天子」という言葉になぜ怒ったのか?辺境の小国の王が中国の皇帝と同じ天子を僭称することの問題

「日出づる処の天子」とは誰か?②用明天皇から推古天皇と聖徳太子へと続く朝廷における崇仏派の系譜と三者一体の解釈

「日出づる処の天子」とは誰か?①候補となる四人の人物の名前とは?『隋書』における倭王多利思比孤の記述との関係性

「日出づる」と「日出ずる」はどちらが正しい表記なのか?『隋書』東夷伝倭国条における「日出づる処の天子」の記述

古代中国の歴代王朝における儒教の位置づけのあり方の違い②曹操の唯才の思想と新における儒教の教義に基づく復古主義的改革

古代中国の歴代王朝における儒教の位置づけのあり方の違い①秦の始皇帝による焚書坑儒と前漢の武帝による儒教の官学化

ローマ帝国と漢帝国はどちらの方が大きかったのか?紀元前から紀元後にかけての二つの帝国の支配領域の変遷と最大版図の比較

前漢と後漢の時代の中国の最大版図の大きさの比較、光武帝による漢王朝の復興と班超による西域諸都市の制圧

王莽による新の建国と周辺諸国の離反と赤眉の乱による帝国の支配領域の衰退と縮小のあり方

秦と漢の最大版図の大きさの比較と武帝による匈奴討伐と西域への領土拡大、秦と漢帝国はどちらの方が大きかったのか?②

秦と漢帝国はどちらの方がどのくらい大きかったのか?①建国初期の漢帝国と始皇帝の時代の秦の支配領域の大きさの比較

サブコンテンツ

このページの先頭へ