虫と蟲の違いとは?羽虫・鱗虫・毛虫・裸虫としての鳥類・魚類・獣類・人間の定義と「蟲」から「虫」への漢字の変遷の流れ

ゾウリムシやヤコウチュウが昆虫ではないのに「虫」と呼ばれ理由とは?「蟲愛づる姫君」や「蠱毒」における虫の概念

ミジンコやゾウリムシは微生物なのか?英語における微生物(マイクロオーガニズム)と微小動物(マイクロアニマル)の関係

微生物と原生動物との違いとは?ミジンコが原生動物ではない理由とは?

原生動物という言葉は存在するのになぜ原生植物という言葉はほとんど見られないのか?

生物学における原生動物の二通りの位置づけとは?アリストテレスの二界説と近代生物学における生物の分類のあり方の違い

原生動物とは何か?鞭毛虫類・肉質虫類・胞子虫類・繊毛虫類の四つの原生動物の種族と分類される代表的な生物の種類

原核生物と原生生物の違いとは?具体的な特徴の違いと両者に分類される代表的な生物の種類

細胞におけるオートファジーと神話におけるウロボロスと饕餮のイメージとの関連性

オートファジー(自食作用)とは何か?ギリシア語の語源と生物学的な仕組み

ネクロトーシスとは何か?アポトーシスとネクローシスの中間に位置する細胞死のあり方

人体の細胞におけるアポトーシスの八つの具体例、水晶体や脳の中枢神経から免疫システムの構築にまで関わる細胞死の仕組み

動物と植物の細胞におけるアポトーシスの具体的な仕組みとは?モミジとオタマジャクシにおけるプログラム細胞死のあり方

細胞の自殺または安楽死としてのアポトーシスと他殺や事故死としてのネクローシス

アポトーシスとネクローシスの違いとは?八つの生物学的な特徴に基づく細胞死のプロセスのあり方の相違点

ネクローシスとは何か?ギリシア語の語源と生物学的な六つの特徴

アポトーシスとは何か?ギリシア語の語源と生物学的な七つの特徴

リボソームとリソソームの違いとは?細胞内の破壊者としてのリソソームと創造者としてのリボソーム

小胞体とは何か?粗面小胞体と滑面小胞体の違いとは?

植物細胞にのみ存在する二つの細胞小器官とは?液胞と葉緑体の具体的な機能や構造のあり方

サブコンテンツ

このページの先頭へ