旧約聖書における万軍の主から新約聖書の平和の神への移行、旧約聖書と新約聖書における神の性質の違い②

前回書いたように、旧約聖書から新約聖書へのキリスト教思想の展開において、次第に移り変わり薄らいでいった考えられる神の存在についての定義のあり方としては、

例えば、旧約聖書の段階においては、熱情の神と呼ばれるような負の感情をも兼ね備えた人格神としても捉えられていた神の性質が、新約聖書においては一切語られることがなくなりフェードアウトしていったといった経緯が挙げられることになります。

そして、旧約聖書においては強く提示されているものの、新約聖書の段階においてはあまり語られることがなくなっていく神の性質のあり方としては、

その他に、例えば、万軍の主と呼ばれるような戦いを司る戦神としての神の性質が挙げられると考えられることになるのです。

スポンサーリンク

旧約聖書における戦神としての万軍の主から新約聖書の平和の神への移行

旧約聖書において、戦神としての神の性質が示されていると考えられる箇所は数多くあり、例えば、

ダビデもこのペリシテ人に言った。「お前は剣や槍や投げ槍でわたしに向かって来るが、わたしはお前が挑戦したイスラエルの戦列の神万軍の主の名によってお前に立ち向かう。」(「サムエル記上」17章45節)

万軍の主をのみ、聖なる方とせよあなたたちが畏るべき方は主。御前におののくべき方は主。」(「イザヤ書」8章13節)

主は、勇士のように出で立ち戦士のように熱情を奮い起こし叫びをあげ、鬨(とき)の声をあげ、敵を圧倒される。」(「イザヤ書」42章13節)

といった記述が挙げられることになります。

このように、

旧約聖書においては、神の姿を「万軍の主」と呼ばれるような戦いの主導者、あるいは、自らを信じて付き従う民に勝利をもたらす戦神として捉えようとする傾向が非常に強く打ち出されていると考えられることになるのです。

それに対して、

新約聖書においては、旧約聖書からの直接的な引用として「万軍の主」という呼び名が示されている箇所を除くと、こうした「万軍の主」と呼ばれるような戦神を連想させる表現が用いられている箇所は、以下に示したヤコブの手紙の一節だけしか見つけることができません。

「御覧なさい。畑を刈り入れた労働者にあなたがたが支払わなかった賃金が、叫び声をあげています。刈り入れをした人々の叫びは、万軍の主の耳に達しました。」(「ヤコブの手紙」5章4節)

また、上記のヤコブの手紙の記述においても、軍隊の先頭に立って実際に戦争を引き起こすような荒々しい神の姿が示されているわけではなく、

ここでは、裁定者としての神の裁きの厳しさを示すための比喩として、あえて、旧約聖書にでてくる「万軍の主」という古めかしい表現が用いられていると考えられることになります。

そしてさらに、新約聖書においては、旧約聖書の段階においてはほとんど見られない神についての言及のあり方として、例えば、以下のような記述がでてくるようになります。

平和の源である神があなたがた一同と共におられるように、アーメン。」
(「ローマの信徒への手紙」15章33節)

神は無秩序の神ではなく、平和の神だからです。」
(「コリントの信徒への手紙一」第14章33節)

そして、こうした新約聖書における神の存在のあり方についての記述においては、「万軍の主」と呼ばれるような戦神としての神の姿ではなく、

むしろ、戦争によって引き起こされる無秩序な混乱を防ぎ、世界に平和と秩序をもたらす冷静で慈愛に満ちた存在としての神の姿が示されていると考えられることになるのです。

スポンサーリンク

・・・

以上のように、

旧約聖書においては、「万軍の主」「戦列の神」「戦士のような熱情」といった記述に見られるように、人間同士の争いの先頭に立ち、自らを信じる民を戦争の勝者へと導く戦神としての神の姿が数多く描かれていると考えられることになります。

それに対して、

新約聖書においては、旧約聖書において「万軍の主」と呼ばれていたような荒々しい戦神としての神の姿はほとんど語られることがなくなり、

その代わりとして、人々の心に平安とやすらぎをもたらす平和の神としての神の姿がより前面に示されていくようになると考えられることになります。

つまり、

旧約聖書と新約聖書における神の性質のあり方の違いとしては、

前回取り上げた、旧約聖書における熱情の神から、新約聖書における理性的な神への転換といった変化のあり方のほかに、

今回取り上げた、旧約聖書における戦神としての万軍の主から、新約聖書における冷静で慈愛に満ちた平和の神への移行といった神の性質の変容のあり方も見いだすことができると考えられることになるのです。

・・・

次回記事:旧約聖書と新約聖書における神の定義の違いのまとめ、新約聖書だけにある六つの神の定義と旧約聖書だけにある二つの神の定義

前回記事:旧約聖書の熱情の神から新約聖書の理性的な神への転換、旧約聖書と新約聖書における神の性質の違い①

神とは何か?のカテゴリーへ
旧約聖書のカテゴリーへ
新約聖書のカテゴリーへ

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ