絶対に失敗しない福袋の選び方とは?

毎年、お正月におこなわれる初売りの会場は混雑していて熱気があふれています。
そして、人気があるのが「福袋」の売り場です。

お値段以上の品物が入っているというお得感があるのと、
何が入っているのかを確かめる時のドキドキ感。

でも、自分の気に入らない品物が多く入っていたらガッカリですよね。

さて、今回は、福袋の選び方、です。
絶対に失敗しない、買って損をしない、満足のいく、福袋の選び方、について調べてみました。

スポンサーリンク

福袋の基本原則って何?

まず、福袋の基本的な原則を押さえておきましょう。

●袋の中には購入価格以上の品物が入っている。
これが、福袋を買う動機の重要な点ですよね。
つまり、普通に買い物をする時より、ずうーっと、ずうーっと、オ・ト・ク、なはずなんです。
だから、行列に並んでまで、福袋を買うんですよね。

●袋の中には何が入っているのか分からない。
どんな品物が入っているのかは、買ってからのお楽しみ、というわけです。
この、ドキドキ、ワクワク、もまた、福袋を買う動機の大事な要素ですよね。

ところが最近では、中身が見える福袋、ネタバレ福袋、というのが出てきています。
これは、福袋の基本原則違反なんですが、この種の福袋がだんだん増えてきています。
何故なんでしょう?

それは、あまりにもヒドイ福袋があるからなんです。
つまり、買って損した、買ってガッカリ、買って怒りにかられた、なんていう福袋が、世の中には結構あるんです。

中には、あまりにも購入者からのクレームが多かったので、返品を受け付けざるを得なかった、という例もあります。

でも、それはあくまでも例外です。
基本原則からいうと、福袋の中身がなんであったとしても、文句は言えないんです。

お店にとっての福袋のメリットって何?

お店の立場に立って考えてみましょう。
お店にとって福袋はどんな意味があるんでしょう。
それは、「チャンス」です。
「チャンス」?
何の?

それは、在庫品を販売できる「チャンス」です。
売れなかった、買ってもらえなかった、そういう品物をお客さんに買ってもらえる、またとない「チャンス」なんです。

売れ残り品を詰めて、「福袋」ということにすれば、売れるんです。
お客さんが買ってくれるんです。
在庫品がなくなるんです。
「福袋」バンザーイ!、お正月ありがとう!です。

でも、売れなかった品物って、みんなが欲しがらなかった品物ってことですよね。
購入する私たちからすれば、そんな品物は、いくらたくさん入っていたって、全然うれしくないですよね。

スポンサーリンク

絶対に失敗しない福袋の買い方とは?

では、私たちは、どうすればいいんでしょうか?
絶対に失敗しない福袋の買い方って、どうすればいいの?

それは、
●「中身が見える福袋」を買う
これが一番です。
どんな品物なのか分からないで買うから失敗するのです。
中身が見えれば、気に入らない品物を買うことは避けられます。

自分が買った福袋に何が入っているのかを確かめる時のドキドキ感が失われますが、気に入らない品物を買わされて悔しがることはなくなります。

●普段よく買い物をしているお店で買う
中身が分からない福袋を買う時には、自分が普段よく買い物をしているお店で買うことにすれば、失敗する可能性は少なくなるはずです。
自分が普段よく買い物をしているってことは、そのお店に自分のセンスに合った品物がたくさんあるってことですから、たとえ売れ残り品であっても、自分が気に入る可能性は大、ってことですからね。

それに、顔見知りの店員さんがいれば、福袋の中身にどんな品物が入っているか、そっと教えてもらえるかもしれません。

●商品引き換え券(商品券)付きの福袋を買う
ドーナツ、アイスクリーム、ハンバーガーなどのお店で売り出す、商品引き換え券(商品券)付きの福袋は、間違いなく、お得です。
ポーチやブランケットなどのグッズが付いてくるので、絶対に、お得です。

これが究極の、
絶対に失敗しない福袋の選び方、絶対に後悔しない福袋の選び方、といえるかもしれませんね。

結局のところ、ファッション関係の品物は、
サイズがすこーし合わなかったり、
色・デザインがびみょうーに好きになれなかったり、で、
実際には着ないことになることが多かったりします。

でも、その点、お菓子などの食べ物は、そういうことがありません。
みいーんな、食べられちゃいます。
だから、絶対に、損するってことはないんです。後悔することはないんです。
そうでしょう?

ん? その結果、太っちゃったら後悔するだろうって?
それはそうですが、それは・・・(-_-;)

まとめ

袋の中には購入価格以上の品物が入っている、袋の中には何が入っているのか分からない、この二つが福袋の基本的な原則です。

お店にとって福袋とは、在庫品を販売できるチャンスなのです。

失敗しない福袋の買い方とは、「中身が見える福袋」を買う、普段よく買い物をしているお店で買う、商品引き換え券(商品券)付きの福袋を買う、ということです。

 

シリーズ「福袋」 INDEX
① 福袋の由来は?いつ頃どこで始まったの?外国にもあるの?
② 絶対に失敗しない福袋の選び方とは?
③ 福袋をなぜ買うの?なぜ買わないの?その理由は?
④ 買って後悔しない食品系の福袋ってどんな福袋なの?

 

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ