オーマという巨神兵の名の由来とは?ケルト神話における戦いの神オグマとダーナ神族との関係、巨神兵とは何か?③

前々回前回の記事で書いたように、漫画版の『風の谷のナウシカ』においては、物語が終盤へとさしかかる場面において、

この物語の主人公であるナウシカによって、彼女に付き従う巨神兵に対して、「オーマ」という名前が与えられることになります。

そして、こうした漫画版の『風の谷のナウシカ』における記述の中では、

ナウシカと巨神兵が、土鬼帝国の聖都シュワへと向かう旅の途中で訪れた旧世界の記憶の庭を守る不死の番人が語る以下のような言葉によって、その名の直接の由来が明かされていくことになります。

オーマ………古エフタルの言葉無垢(むく)という意味だ。あの娘が名づけ親か。」(『風の谷のナウシカ』第七巻、97ページ。)

ちなみに、

ここで不死の番人が語っている古エフタルとは、ナウシカが生きている時代よりもさらに300年ほど昔高度な科学文明を持って栄えていたとされる物語の中の架空の古代国家のことを意味していると考えられることになるのですが、

その一方で、

こうした「オーマ」という名と似た響きを持つ言葉としては、例えば、ケルト神話において登場するオグマOgmaオーマオフマとも発音される)と呼ばれる神の名を挙げることができると考えられることになります。

スポンサーリンク

ケルト神話とアイルランド神話における戦神としてのオグマの姿

オグマOgmaとは、ケルト神話において登場する戦いの神、あるいは、八十頭の雄牛にも勝る怪力を持っていったとされる伝説上の戦士のことを指す名であり、

戦神としてのオグマは、ケルト神話の中でも、特に、アイルランド神話における最高神として位置づけられているダグザの子にあたる神であるとされてて、

戦争を司る神であると同時に、古アイルランド語の表記などに用いられていた古代文字であるオガム文字Ogham alphabetオーム文字とも呼ばれる)の伝説上の発明者であるともされていることから、言語と霊感を司る神であるともされています。

また、

ケルト神話においては、生命を司る女神ダヌ(ダーナ)母神とする神の一族であるとされるトゥアハ・デ・ダナーンTuatha Dé Danannダーナ神族)と呼ばれる一族の物語が語られていくことになるのですが、

オグマは、そうしたダーナ神族の末裔にあたる神としても位置づけられています。

つまり、

こうしたケルト神話アイルランド神話におけるオグマあるいはオーマと呼ばれる存在は、

自らが持つ強大な力を用いることによって戦いを引き起こす戦争の神であると同時に、

アイルランド神話における最高神であるダグザの子にして、生命の女神ダヌを母神とする神々の一族であるダーナ神族の末裔にもあたる知性にも優れた高貴な神としても位置づけられていると考えられることになるのです。

スポンサーリンク

ケルト神話における戦神オグマと『風の谷のナウシカ』における巨神兵オーマの姿の共通点

以上のように、

漫画版の『風の谷のナウシカ』において語られている「オーマ」という巨神兵の名の由来は、物語自体の設定のなかでは、

古エフタルと呼ばれる架空の古代国家の言語において、「無垢」(むく)、すなわち、汚れのない純真な存在のことを意味する言葉の内に求められることになるのですが、

こうしたオーマという名と似た響きを持つ言葉自体は、ケルト神話アイルランド神話などの現実の世界の古代神話の内にも見いだすことができると考えられることになります。

そして、

そうしたケルト神話などにおいて描かれているオグマあるいはオーマと呼ばれる神の姿からは、

八十頭の雄牛にも勝る怪力を持った戦争の神であると同時に、オガム文字(オーム文字)の伝説上の考案者にもあたる知性の面においても優れた言語と霊感を司る神でもあり、

さらには、生命の女神ダヌを母神とするダーナ神族の末裔にもあたる神としても位置づけられるといった多様な側面を持った神の姿を読み取ることができると考えられることになるのですが、

こうしたケルト神話において描かれている戦神オグマの姿には、『風の谷のナウシカ』における巨神兵オーマの姿とも重なるところが非常に多くあると考えられ、

そういった意味では、こうした「オーマ」という巨神兵の名は、

火の七日間の惨劇をもたらした巨(おお)いなる兵(つわもの)の神であると同時に、議論と合意を重んじる調停者と裁定者の役割を担う存在でもあり、

王蟲や腐海の森の生物といったこの世界におけるあらゆる生命の守護者であるナウシカを母とするこの巨神兵にとって、ちょうどぴったりとくるふさわしい名前であったとも考えられることになるのです。

・・・

次回記事:『風の谷のナウシカ』が示す人類が歩むべき三つの道とは?①墓所の主である旧世界の影たちが語る光と闇の二つの道

前回記事:調停者と裁定者としての巨神兵の姿と火の七日間の本当の意味とは?巨神兵とは何か?②

神話のカテゴリーへ
映画・アニメ・漫画のカテゴリーへ

スポンサーリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ